×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料連載小説サイトwing of fragment です。 ファンタジー恋愛群像劇、学園恋愛物、学園恋愛FTをテーマにメルマガ、サイト上にて小説を連載しています。
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved. Please don"t distribute any texts and images from this website without permission

連載,小説,FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯,女性向,ファンタジー恋愛群像劇,学園恋愛物,学園恋愛FT

W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】(W.E.M[World's end music])

W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】 第3話(the heads) 02/12



「柚乃はどうしたんだよ?あいつらと一緒にはいないみたいだけど?」

 オレは話を変えるつもりで、売店に並ぶティアス達を指さしながら、真に聞いた。

「さあ?電話鳴ってたから。どこかにいるんじゃない?すぐ戻ってくるでしょ?」
「ああ、そう」

 目的を果たし、ほっとした途端、オレの携帯が鳴り響く。
  相手は……愛里だった。どうして?

「……テッちゃん、どこ行くのさ?」

 真の声を無視して、オレは彼らから距離をとり、電話に出た。

「どうしたんだよ」
『テツ、今どこにいるの?港にすぐ来れる?』
「……港?港のどこだよ?」
『観覧車のあるところ。今日、花火やるのよ。でも、迎えに来て』
「……迎えにって……意味わかんねえし」
『良いから来てよ。すぐね』

 電話切りやがった。あのわがまま女。
  迎えにったって……お前を送り迎えしてる連中見たく、オレには足がないだろうが。高校生だぞ?!判ってんのか?

「テッちゃん、何?またお父さん?それとも愛里ちゃん?」

 真のその台詞に、一瞬、御浜がオレを見たが、すぐにいつも通りの表情に戻った。

「……愛里」

 オヤジだと言ったら、きっと御浜は嫌な顔をする。その理由はよく判らないけれど。愛里だと言っても、あまりいい顔はしないけど。

「オレ、帰るわ」
「つーか、なに言ってんの、テッちゃん!?ちょ……御浜も何とか言ってよ」
「え?うーんと、寒いから気をつけて」
「何それ!?意味判んないし!!」

 そう言うヤツだって、御浜は。
  重荷にも、抑制力にも、推進力にもならないし、なろうとはしない。

 しないけれど、釘はきちんと刺すし、何かあったら隣にいる。

 オレにとって、必要な存在だって、痛いほど判ってる。こういう何気ない時にこそ、それを痛感する。

 だからこそ、オレが彼の邪魔にはなりたくない。

『何をそんなに白神のこと怖がってるかな?』

 だけど何で?何で、あの新島の言葉が、頭を離れない?

「沢田くん、どこに行くの?」

 新島と一緒に売店の列に並んでいたはずのティアスが、オレを追いかけてきた。

「……なんだよ」
「なんだよ、じゃないわよ。……どこに行くのかと思って」

 少しだけはにかんだように、オレの機嫌を伺うような聞き方をする。
  その彼女の様子に、再び新島の言葉を思い出す。
  そうだと思えば思うほど、どうして良いか判らない。

「別に……用があるから、帰るだけ」
「そう。寂しいね」
「え?」

 直球!直球過ぎるよ。しかもちょっと可愛いし。そう言うとこ、ずるいよな。
  ちくしょう、悪い気はしないし。

 オレは別に、御浜のこと以外は気にしてないけど……でも、嫌いじゃない。多分、それだけ。

「冗談よ」
「あ、そ。そう言うこと言わなくてもいいんじゃねえか?」
「お互い様。私、こんなに酷くないけどな」
「酷い?お前、本人を目の前にして酷いってなあ……。つーか、何でお前の話になるんだ」
「だってトージが、君と私が似てる、なんてこと言うんだもん。失礼よね。私、こんなにぶしつけじゃないし、偉そうじゃないし、口も悪くないし」
「そっくりそのまま返してやるよ」

 ……あれ?てことは、やっぱ似てるのか?

「強がってるくせに、弱っちいとこもそっくり、なんて言ってた」
「オレは違うけど、お前はそうかもね」

 彼女のメールも、電話も、回数を重ねれば重ねるほど、それを感じていた。
  言葉が足らない彼女の心が、少しずつオレにも見えてくる。
  そんな感覚を覚えていた。

 だから、何度もやめようと思ってた。
  これ以上、深みにはまる前に、やめたかった。

 彼女の歌を聴いて以来。
  彼女がオレの家に泊まって以来。
  彼女と一緒に出かけて以来。
  彼女と連絡を取るようになって以来。

 ずっと、思ってた。
  思ってたのに、やめられなかった。

 こう言うの、なんて言うんだっけ?

「冗談でしょ?それは、君だよ?自覚してる?」
「失礼だよ、お前。オレは弱っちくなんかないって」
「弱いって言うのは語弊があるかも知れないけど……なんて言うか、何か、常に怖がってるって言うか」
「怖がってる?誰が、何を?」
「判んないけど……そう見えるよ。何か、自分みたいで、判るんだ」

 メールでも電話でも、そんなことは言わなかったくせに。

「うるせえよ、お前。オレは急いでんだ。もう行く」
「そう。寒いし、人も多いから……気をつけてね」

 そう言ってくれたティアスの顔を、オレは見ることが出来なかった。

 どうして彼女はそうなんだろう。

 まるで御浜のようなことをさらっと言う。
  なのに、まるで愛里のように振る舞うときもある。

 でも、何より、彼女はオレに似ている。

 だからだ。だからこんなに、彼女のことが引っかかるんだ。
  オレは別に、それ以上の意味で気にしてるわけじゃない。
  御浜も怖くない、彼女のことも気にしてない。あれは新島の勘違いだ。

 だってオレは、こんなに急いで愛里の元へ向かおうとしてるのに。

 prev<<<  W.E.M[World's end music] list >>>next
>>>アルファポリスに登録中。
>>>ネット小説ランキング>「W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】」に投票
>>>「【w.e.m】1日5分!空き時間に読む連載小説(ミニまぐ)

関連コンテンツ

 >>w.e.m Charactors(イラストつきキャラ紹介)
Copyright 2006-2009(C) Erina Sakura All rights Reserved
このサイトの著作権は管理人:作倉エリナにあります。禁無断転載・転用