×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料連載小説サイトwing of fragment です。 ファンタジー恋愛群像劇、学園恋愛物、学園恋愛FTをテーマにメルマガ、サイト上にて小説を連載しています。
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved. Please don"t distribute any texts and images from this website without permission

連載,小説,FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯,女性向,ファンタジー恋愛群像劇,学園恋愛物,学園恋愛FT

W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】(W.E.M[World's end music])

W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】 第2話(the heads) 11/11



 どうしても溜息をこぼさざるをえなかった。それでもオレは、携帯をとりだし、オヤジに電話をかける。

「テッちゃん。人といる時はだねえ……」

 コイツ、細かいことに五月蠅いな。

「あ、オヤジ?今日、何してんの?」
『何って、今日は出勤だと言ったろうが。休みは29日……いやあれ?何日からだっけ?』

 オヤジの電話の向こうからは、たくさんの男性が騒いでる声が聞こえる。その中から『30日です』と答える声がいくつか聞こえた。一体何が行われてるんだ、この職場は。

『何か用か?用なら戻るが……』
「あ、いや。大したことじゃないんだ。今日の夜は家にいるのかな、と思って」
『そうか。悪い、連絡しようと思ってたんだが、忘れてた。ついさっき、東京出張が決まって、戻りは明日の朝だな、早くて。明朝、直帰して良いか?』

 思わず返事してしまいそうになったが、電話の向こうの研究室の誰かに話しかけたらしい。遠くから『3時にミーティング入ってます』の声がかかる。

『戻れたら、明日の朝に戻るよ』
「忙しそうだな。相変わらず」
『そうでもないさ。年末だから、こんなモンだろう。それより、ティアスは?お前、仲良いんだろう』
「は?」

 思わず大声を上げたオレに、真が目を丸くして見つめていた。

『なんだ、この間、家に泊めてただろう』
「いや、それは、たまたまで……。事情は説明したじゃねえか。関係ねえし。別に、そんな。つーか、何だよ、突然。何か関係あんのかよ!」
『何でそんなに喧嘩腰なんだ、お前は。いや、連絡とってるなら、オレの携帯に連絡するように伝えておいてくれ』

 ……意味が判らん。何でオヤジに?

「テッちゃん、どうしたの?急に立ち止まって。電話すんのは良いから、とりあえず歩いてよ。変だよ、こんな所で」

 真にそう言われ、辺りを見渡したら、周りは家族連れやらカップルが仲良さそうに歩きながらフードコートに向かっていた。この中で立ち止まってたら、さすがに変かも……。
  何食わぬ顔して、オレは再び真の横を歩き始めた。

「何で?」
『……「音無が連絡をよこしてきた」そう伝えればいい。賢木のヤツは、海外に出てって、彼女に連絡することすら忘れてるみたいだから』
「音無……?って、オヤジの友達の」

 確か、プロのジャズピアニストだ。子供のころ、何度か会ったことがあるぞ。でも、オヤジの友達って、(オヤジ含め)勝手な人が多い印象があるんだけど。

『そうだ。ふらふらしてて、ちっとも連絡がつかん。どうしようもない』
「オヤジだって忙しそうにしてるから、結構お互い様な気がするけど」
『音無にもそう言われたよ。じゃあ、頼んだから』

 そう言うと、電話を切ってしまった。

「……って、近っ!?お前、人の電話聞いてんなよ!」

 いつの間にか、横を普通に歩いていたはずの真が、オレの携帯の声を聞くように、頭を寄せていた。距離近いっつーの、気持ち悪い。

「趣味悪いな」
「ジャズピアニストの音無って、音無悠佳(ハルカ)?あの、日本より海外の方で売れているという……」

 つーか、日本ではほぼ無名に近いんだが。よく知ってるな、コイツ。

「いや、実際の活動は日本がメインで、ほとんど日本にいるらしいけど。日本語しか喋れないらしいし。よく知ってるな、お前」
「うん。紗良がそう言うの好きだからさ」
「ふうん。実際は、子供みたいなおっさんだけどな。子供過ぎて、日本だといろいろ問題起こしてて、関係者に嫌われてて売れにくい、みたいなことをオヤジが言ってたけど、良くわかんねえし」
「てか、テッちゃんのお父さん、そんな人と知り合いなわけ?すごくない?」

 ……すごいのか?いや、聞いたことないから判んないし。何か、オヤジの知り合いって言うだけで、素通りしてたな。ジャンルも違うし。

「どうだろ。でも、家の母親の大学の後輩らしいし。……すごいんじゃない?」
「テッちゃんのお母さんて、音大出なんだ。だからあんなでかいピアノが」
「言ったじゃねえか」
「いや、お嬢さんなら、嫁入り道具に買ってもらってもおかしくないかと」
「何かお前、発言がおっさん臭い」
「酷!テッちゃんて鬼!ドMのくせに!」

 だからそれ、関係ねえって。

「ふうん。沢田ってドMなんだ。そんな気はしてたけど。そんな話してんなら、さっさと合流しろよ。オレ、疲れちゃったよ」

 若干不愉快そうな顔をしながら、話に混ざってきたのは新島だった。いつの間にか、先を歩く御浜達に随分近付いていた。

「ティアスが、様子を伺いに来てたろ?」
「来てたけど」
「そん時に来ればいいのに。泉も、オレをあんな微妙な空気の中に放り込むな」

 口をとがらせながら、真を責めた。真もまた、ヘラヘラしながらそれに答えた。

「いや、だって、判りきってるじゃない。大丈夫だって、相手は御浜だから」
「うーん……白神が、天然なのか、判ってるのか、判らんな。女の戦いは熾烈だよ。いや、戦ってるわけじゃねえか。柚乃ちゃんが怖くなったり、オレを睨んだりするくらいか。ティアス自体を嫌ってるわけじゃねえみたいだけど、白神がなあ……」

 やれやれ、といった顔で頭を掻く。

「ティアスも判ってんだかどうだかって感じだけど」
「あんなにあからさまなのに……」

 思わず、真と2人で顔を見合わせた。

「いや、気付いてるけど。どうなんだろうな。悪い気はしてないみたいだけど」

 そう言って、何故か新島はオレの方を見た。

「オレに関係があるか?」
「関係してると思えば、そうなんじゃない?」

 うう……真も新島も、好き勝手言いやがって。

「座ろうよ」

 大声でオレ達を手招きする御浜。思わず真もオレも苦笑いしてしまう。

「うるせえよ。恥ずかしいから大声出すんじゃねえ」
「さっさとこないから」

 呼ばれたのに、オレは彼の元に駆けよることを躊躇った。
  真が動いたのに、オレは動けなかった。

 それは多分、彼のせいじゃない。
  もちろん、彼の隣にいる彼女のせいでもない。

 自分でも判らないけれど、どうしてこんなに、気にしてるんだろう。

「沢田って、ホントに判ってないのか?」
「……何が?」

 新島がオレの背中を軽く叩き、一緒に来るように促した。

「ティアスのこと、『状況判ってんだか』なんて言えるんかねえ?」
「だから、何だ。言いたいことあるならはっきり言えよ。つーか、言いてえんだろ?」

 だって新島は、言いたくないことは口にもしない。

「オレは、お前らが気にするから、お前ら二人で出かけたり連絡とってることとか口にしないけど」

 そう言いながら、彼は御浜を見た。
  でも……お前らって……。

「そんくらいには、お前のことティアスも見てる」

 聞きたいような、聞きたくないような。

「オレは、彼女の味方だよ」

 彼のその潔さが、まっすぐさが、真正直さが、今のオレには辛かった。 

 prev<<<  W.E.M[World's end music] list >>>next
>>>アルファポリスに登録中。
>>>ネット小説ランキング>「W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】」に投票
>>>「【w.e.m】1日5分!空き時間に読む連載小説(ミニまぐ)

関連コンテンツ

 >>w.e.m Charactors(イラストつきキャラ紹介)
Copyright 2006-2009(C) Erina Sakura All rights Reserved
このサイトの著作権は管理人:作倉エリナにあります。禁無断転載・転用