×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料連載小説サイトwing of fragment です。 ファンタジー恋愛群像劇、学園恋愛物、学園恋愛FTをテーマにメルマガ、サイト上にて小説を連載しています。
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved. Please don"t distribute any texts and images from this website without permission

連載,小説,FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯,女性向,ファンタジー恋愛群像劇,学園恋愛物,学園恋愛FT

W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】(W.E.M[World's end music])

W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】 第2話(the heads) 01/11



 朝7:00。何故か「月光」で起こされた。
  何でオレ、リビングのソファにもたれて寝てたんだ?

 ピアノを弾いていたのはティアス。オレを起こしに来たのは柚乃だった。

「テッちゃん、今日は走んないの?大体、いつ寝たのよ、こんな所で。真冬なのよ?風邪ひくわよ?」

 布団になるものが何もなかったからか、オレはティアスの着ていたコートにくるまっていた。

 昨夜、結局ティアスとオレはずっと話をしていた。
  一応客間も用意したし、風呂にも入った。だけど、リビングに戻って、ピアノの前で話をしていたら、いつの間にかここで寝てた。
  清々しいほど、やましいことは何もない。
  そして、オレはうっかり寝てしまったというのに、俺と一緒に話していたはずのティアスは、朝からピアノを弾く程度には元気だった。

「いや、もう、走ってる時間とかないし。……眠いし。今日休もうかな」
「私は止めないけど、パパは今日、帰ってくるわよ?」
「……顏、洗ってくる」
「朝食の準備、手伝うよ」

 ティアスは柚乃のあとについてキッチンに向かう。何でそんなにタフなんだ。

 なんか、すっげーくだらないこと話してた気がする。いつ寝たのかも覚えてないし。

『良いよ、今くらいの声なら。それより、続き、歌って。聞きたい』

 あの時から、オレは確実におかしくなってる。
  何であんなこと言ったんだか。

 顔を洗って、制服に着替えてから、リビングに戻る。
  そう言えば、最近朝は練習曲ばかり弾いてた気がする。

 彼女が昨夜歌った、モーツァルトの子守歌の楽譜を探す。たしか昔、弾いたことがある。
  彼女の歌を思い出しながら、指を動かす。

「朝から子守歌で寝かしつけてどうすんのよ?ご飯出来たよ?」

 リビングまで呼びに来てくれた柚乃の後ろで、ティアスが微笑んでいた。
  彼女の微笑みが、少しだけ照れくさい。

「なんか、すごく優しい。沢田くんのピアノ」
「つまんなかった?」
「ううん。すごく良かったよ。私はああいう、感情的なのが好きだな。すごく丁寧だし」

 優しい?感情的?丁寧?
  ホントは、今のオレは、指が動いただけでも驚いていたのに。

「ティアス、今日はどうするの?家に戻るの?」
「ううん。芸大に行って、賢木先生の所に顏出して、受験の話をしようと思って」
「受験?」

 箸と茶碗を持ったまま、オレの顔を見る柚乃。
  そういや、そんな話、オレもすっかり忘れてたし。

「試験を受けるとかって新島から聞いたけど。学校とか行ってんの?」
「ううん。でも、高卒認定は持ってるから。来年の入試を普通に受けるよ。推薦枠があるって、賢木先生は言ってくれたけど、あの大学、ただでさえ人数少ないし」
「そだな。声楽なんか、たぶん5人くらいしか入れないはずだしな」

 昨日、芸大に行って、ちょっと考えが変わったって感じだな。

「受験しないかもしれないし。なんか、大学に入らなくても良いかなって思って」
「なんで?てか、お前、何しに日本に来たの?兄ちゃんがベルギーで探してんだろ?」
「あ、それはね……」

 呼び鈴が鳴る。多分、御浜だ。
  たまにこうして呼びに来るけど、今日は絶対来ると思ってた。

「オレ、出るわ」

 もう食べ終わっていたので、片づけを任せて玄関に向かう。
  やましいことは何もないけど、心苦しかったので、というのもある……。

「ティアスとちゃんと仲良くしてた?」
「お前はお母さんか!別に、フツーだよ、フツー。柚乃とキッチンで飯食ってるよ」

 フツーフツーと言いながら、必死にフツーに取り繕う自分は、もういっぱいいっぱいだ。

「今朝、ピアノ弾いてたね」
「……月光は、ティアスだよ?」
「でも、子守歌はテツだろ?珍しいね、朝、練習曲じゃないのを弾くのって」
「たまたま楽譜があったからだよ」

 ティアスの顔を見に来たであろう彼を、彼女の元へ案内する。

「今日、鉄城さんは?」
「出張だって。……柚乃はいたぞ」
「別に何も言ってないのに……」

 ……なんか、墓穴を掘った気がするな。
  余計なこと言わんどこ。でも、誤解されても嫌だしな。

「急な出張だったんだね。いつもは前日かその前には判るのに」
「そういえば、そうだな。まあ、親父が何してるか、俺もよく判ってないし」
 
  そう言えば、御浜が家に来る時って、大抵親父がいないときだな。まあ、フツーは家に親とかいたら気い使っちゃうから、嫌かもしれないけど。ティアスも、親父がいない方が気を遣わなくて良いって言ってたし。なんか親とかにいちいち説明すんの、めんどくさいし。
  御浜って、そう言うタイプじゃないけどね。

「ティアス、今日は何か用事がある?」

 キッチンにつくなり、朝食をとるティアスに声を掛ける。ほとんど変わらない、柚乃の微妙な表情の変化に、オレは背筋が凍る思いだ。うちの妹は本気で、怖い。

「あ、ごめん。御浜のメール、今朝見たばっかなんだ。今日は大学に行くつもりだから……」
「あ、いいよ。そんなの気にしないで。また、連絡する。昨日みたいなことあったらまた呼んでよ」
「うん。ありがと」

 御浜のためには、こいつらを二人にしてやった方がいいのか?
 
「テツ、今日はバス?バスなら、そこまで一緒に……」
「……いや、今日は愛里の試験が近くてレッスンないから、原付で行く。バスだと時間かかるし」

 朝の通学時間ですら、巡回バスしかないんだぞ?一時間に二本だぞ?私立みたいにスクールバスくらい出せっての。

「そっか。じゃあ、ティアスにはバスの路線はオレが教えるよ。新島くんと連絡付かないんだろ?」
「ありがと。今まで移動は灯路に頼りっぱなしだったから、どうやって移動して良いかわかんなかったんだ。助かるよ」

 こいつら二人を見てる方が、よっぽど恥ずかしいっつーの。
  なんというか、不愉快だな。
  人の幸せって、妬ましいっつーか……。

「じゃ、バスの時間あるから、オレ行くね。ティアスも、バス停まで案内するよ」

 そう言って、二人は慌ただしく出ていった。

「テッちゃん……気を遣ったんでしょ?あの二人にって言うか、御浜さんに」
「何を?」
「一緒にバス停まで行けばいいじゃない。芸大なら、テッちゃんの学校の方向じゃない。何も、二人で一緒に行かなくても」
「いや、でも、ティアスだって、こっちに来たのが先週だって言ってたから、御浜が案内してやんのは別に良いんでない?」
「それが余計な気遣いだって言うのよ」
「なるようにしかなんないって」
「うわー、テッちゃんのくせに、なんかヨユーの発言。知ったかぶった発言。嫌な感じ。そんな、なるようにしかなんないような経験ないくせに」

 何その、妹のくせに、人をバカにしたような発言は。
  しかし、御浜がいなくなった途端、嫉妬に狂いまくってるな。

「お前、ティアスのこと嫌いなの?」
「全然?嫌いじゃないわよ?借りてきた猫みたいで」

 嫌味たっぷりじゃねえか、お前は。

「ねえ、何で、ティアス?」
「何が?」

 柚乃の質問の意図がよく判らなかった。

 prev<<<  W.E.M[World's end music] list >>>next
>>>アルファポリスに登録中。
>>>ネット小説ランキング>「W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】」に投票
>>>「【w.e.m】1日5分!空き時間に読む連載小説(ミニまぐ)

関連コンテンツ

 >>w.e.m Charactors(イラストつきキャラ紹介)
Copyright 2006-2009(C) Erina Sakura All rights Reserved
このサイトの著作権は管理人:作倉エリナにあります。禁無断転載・転用