×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission

Voice【最果てから呼ぶ声】(Voice[that is called farthest])

第7章
04
 
 その日の夜も、結局オレはうなされた。

 オレが一番恐れていたものは、女の背中の向こうに居たもの。
 いつもそうだった。

 それのせいで、オレは目の前の女に吐き気を覚え、恐怖を覚える。

「うわあ!」

 息が乱れ、まだ夜は冷えるのに身体中にびっしょり汗をかき、オレは掻きむしり過ぎて傷む胸に手を当てる。

「カホ」

 彼女が出ていかないようにと、横に眠らせた。
 オレは何度も名前を呼ぶ。

 返事はしなかったが、彼女は目を覚ましていた。いや、眠っていなかったのかもしれない。

「カホ、カホ」

 彼女の身体を、オレは求める。なんどもくちづけて、必死にしがみつく。
 あの時に似ている。

 大罪、故の快楽。

 オレは、それが忘れられない。恐怖も、不快感も、罪悪感も、もちろんあった。でも、それがよけいに快楽を増していき、その快楽が、オレの罪悪感をいっそう強める。

 なかったのは心だけ。

 なかったのは、わかってるのに、それでもオレは快楽を求めていた。

「コタ、どうしたの?」

 こんなこと、間違ってる。彼女の笑顔が、それに気付かせる。
 彼女といる時、オレは忘れられたのに。
 オレは、なんて醜い。

 どうして何もかもわかったのに。思い出したのに。
 俺はこんなコトを繰り返す?
 俺は一体どうしたらいい?

「カホ、帰るのか?」

 カホは答えない。

 知流の言葉が、俺の頭をよぎる。
 
 俺が怖がってたのは、女なんかじゃなくて、親父だった。
 それがはっきりしたのに、なんで?

 なんで俺は変われない?

1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission
prev<<<
[voice] List
 
1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission