×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission

Voice【最果てから呼ぶ声】(Voice[that is called farthest])

第4章
04
 
 もう四時半頃には空が少し薄暗くて、イルミネーションが点灯される駅前の広場にはカップルが集まり始めていた。休憩を兼ねて早めに来たのは良いけれど、余計に疲れそうだった。
 イルミネーションも、木に電飾が飾ってあったり、簡単なゲートがあるという程度ではなく、汽車やトナカイのオブジェなどが所狭しと並んでおり、迷路みたいになっていて非常に歩きづらかった。こんな時期にこんな所には来たくないけどなあ……。

「……カップルで来いよ、こういう所は」
「だから、カップルがいるでしょうが。初々しくて、まだ手も握ったことのなさそうな二人が」

 麻斗の言うとおりだな。そう言う生臭さゼロだもんな。特に知流が……。カホも、彼と一緒の時はそんな雰囲気は全くない。でも、俺といるときは……。

「そのカップルはどこに行ったのよ? 」
「……あれ? まだ明るいけどねえ」
「二人とも、知流さんたち探してよ。何かあったらどうするのよ」

 千紗の指示に従い、落ち合う場所を決めて広場のどこかにいるはずの二人を捜しに、麻斗と歩き出す。

「……もしかして俺達って、すげえ立場弱い? 」
「今さらなに言ってる。千紗に勝てるわけねえだろ。知流以外で。あいつも、ほっときゃ良いのに。なるようになっちまうモンは、そうなるしかないんだから」
「コタちゃん、悟ってるよね。て言うか、かなりオヤジくさくない? 」
「年下だぞ」
「先輩を敬いなよ、少しは」

 まだ点灯していないイルミネーションのオブジェの影で、他のカップルに紛れてベンチに座っていた。やっぱ、二人きりになりたかったんじゃねえか……。

「コタちゃん、待って。様子見ようよ」
「覗きって言うんだよ、そりゃ」

 とは言ってみたものの、思わず側にあったオブジェの側に隠れる。点灯してないので、四つ足の動物らしいが、いったい何なのかは判らなかった。

「久しぶりに外に出て疲れただろ? 」
「うん。でも、楽しいよ。テレビで見たものが本当に外にあるだなんて、何か現実味がなかったんだけどね。人が多くて、ものもいっぱいあって、不思議な感じ。ここも何だか変わったものがいっぱい」
「ほら、カホが家に来たばっかりの頃、二人でテレビ見てたろ。そこで、ここのイルミネーションのことをやってたんだ。カホが見たいって言ったんだ。覚えてる? 」
「うん。でも、ちょっと、違う感じ……」
「暗くなったら光るから」

 二人きりになっても、彼らの会話は何も変わらなかった。何というか……。

「あの二人さあ……かわいいっつーの? 色気がないよねえ」

 そう、それだ。不愉快だが、その辺りは麻斗と同意見だ。こちらの声が知流達に聞こえないよう、麻斗が少しかがんで俺に顔を近付け、小声で話す。

「だめだよなあ。好きなら、こうガツンとね」
「お前だって、小泉さんには何も言ってないんだろ? なに言ってる」
「それは、まあ……一緒に住んでるし、俺は居候だし、澄未はちょっとそう言うとこ、堅いからさ。人にはそれぞれ距離の取り方って言うのがあるんだよ」
「距離の取り方ねえ」

 近付けないまま、距離を保つことも? 

「……ねえ、コタ達どこに行ったのかな? 」
「この広場にはいるよ。また、携帯で呼ぼうか? 」
「うん」

 彼女の言葉で、知流が携帯をポケットからとりだしたので、俺と麻斗は大慌てでコートから携帯を探り、電源を切る。こんな所で鳴ったら、気まずいどころの騒ぎじゃないぞ。

「あれ、つながんないや……。ま、いいか。その内、見つかるよ。それより、もう少し話しようよ。俺、カホと話してると楽しいし」
「私も。知流といると安心できる。本当に感謝してるよ。ありがとう」

 隣に座る彼に、極上の笑顔を見せていた。ここからは影になってはっきりとは見えないけど、彼を動かすには十分すぎる笑顔だったのだろう。

「だって、俺、カホのこと好きだから。だから……君のためになりたかったんだ」
「……私のこと……? 」

 知流のことを好きなんだろ? って聞いたら、彼女は「そうかもしれない」と答えたのだ。
 彼にあんな風に言われて、彼女が受け入れないわけがない。

「……コタちゃん、どこ行くのさ」
「わりい、用事思い出したから先に帰るわ。知流達にはそう言っといて」

 電源を切ったままの携帯をコートのポケットに押し込め、点灯し始めたイルミネーションの中を通り抜け、広場を後にした。

1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission
prev<<<
[voice] List
1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission