×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission

Voice【最果てから呼ぶ声】(Voice[that is called farthest])

第3章
04

 仕方なくカホの部屋に入り、電気を消したまま鞄と雑誌を探す。だが、結局見つからなかったので、彼女がよく寝ているのを確認して電気をつける。

 ピリピリしてるわりには、無防備っつーか……なんというか。男が簡単に部屋を出入りできる状況って言うのはどうよ。

 俺は、正直怖いんだけどな。自分の部屋に一人で、鍵をかけずに寝ることは。

 朝はやっぱり起きられなくて、最初は誰かに起こしてもらっていたのが、あの日以来、誰よりも早く目覚めるようになっていた。

 鍵のかからない部屋で寝ることが怖くて、眠れない日々が続いたこともあった。扉の前にバリケードを作ったり、ノブにヒモを括って開けられないようにして、自分を何とか安心させて眠るようにしている内に、父が部屋に鍵を付けてくれた。それから他の場所でも、俺は誰か信用できる人間が側にいないと眠れなくなっていた。

 いくら知流の家とは言え、知らない女が同居するこの場所でうたた寝するだなんて、確かに今までの俺にはあり得なかった。

 彼女がケガをしていることと、彼女が脅えていることが俺を安心させる。

 でも、本当に脅えてるのか? 俺がそう感じているだけじゃないのか?
 少なくとも、この無防備な状況を見るとそう感じる。
 気持ちよさそうに寝ている……様に見えた。彼女の枕元に転がる雑誌と、その影に隠れて見辛くなっていた枕の下に、使い込まれた小さなナイフを見つけるまでは。

 ナイフに残る無数の傷跡や汚れが、歴史を物語っていた。背筋がぞっとするような。さすがに、俺でもここまではしない。これがピリピリしてるってことかな。

 ……そうだよな、こんなケガ、してるんだもんな。

 彼女が俺に殴りかかってきたとき、包帯がほどけかけていたのを思い出し、布団から出ていた左腕に目を向けた。ほどけていたはずの包帯は、不規則に巻き付けられ、立て結びで縛ってあった。
 多分、知流が縛りなおしたんだろう。あいつ、不器用だからな。

 彼女を起こさないように、そっと腕を持ち上げ、包帯を巻き直してやる。

「ん……」

 微かに唇が動き、寝ているくせにケガした部分をかばうような、妙な寝返りを打つ。
 眠る女は、俺になにもしやしない。なにも怖くない。
 彼女の身体に触れないように、起こさないように、音を立てずに顔だけをそっと近づける。
 乾いているけど、柔らかい唇だった。

 ほんの少しだけ彼女の唇を湿らせ、部屋を後にした。あの時、オレに跨ってきた女に対して向けた自らの眼差しを思い出し、酷く後悔しながら。

1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission
prev<<<
[voice] List
1日5分!空き時間に読む連載小説 wing of fragment -FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯向-
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved
Please don't distribute any texts and images from this website without permission