×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料連載小説サイトwing of fragment です。 ファンタジー恋愛群像劇、学園恋愛物、学園恋愛FTをテーマにメルマガ、サイト上にて小説を連載しています。
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved. Please don"t distribute any texts and images from this website without permission

連載,小説,FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯,女性向,ファンタジー恋愛群像劇,学園恋愛物,学園恋愛FT

Switch[モラトリアムを選ぶと言うこと]

Switch[モラトリアムを選ぶと言うこと] 続・序章 第7話 続・選ぶと言うこと 01/10


 まるで、夢遊病のようだった。耐えられなくて、深夜2時を回ったのを確認して、コートを羽織って廊下に出る。向かうのは、中庭。

『まさか。するわけがない』

 その台詞を、どうしてもオレは信用できなかった。こないだの夜、二人は一緒に中庭にいたじゃないか。それを隠すくせに、二人でこそこそしてるくせに、そんなこと信用できるわけがない。
  夜も、もしかしたら何かあったかもしれない。けれど、怖くてオレは部屋から出られなかった。

『馬鹿だな。あの女はずるいよ?信用したら、負けだ。利用される』

 そういわれても、お互い様、としか思えなかった。
  うすうす気づいてはいるさ、そんなこと。だけど、どうだっていいじゃないか。

 中庭に続く通用門には、いつものように警備員が立っていたが、バッチを見せれば問題なく通してくれる。オレは挨拶もせず、警備員の横を通り抜け、中庭を走る。道を間違えないよう、この間と同じルートを通って、広場へ向かった。さすがに、魔物は怖い。

「よく会うな」

 最悪だ。何でよりにもよって、サワダなんだ。ティアスがこの間座っていたベンチに、彼は一人腰掛け、タバコを吸っていた。
  ……いや、彼女といたわけじゃないかもしれない。この間のように、サトウさんと一緒にいたのかもしれないし。

「奇遇だな」
「そうだな」

 夕方、屋上で会ったときも思ったけど……、こいつ、なんかおかしくないか?やっぱり。薄暗くて判らないけど、やっぱり顔色が悪い気がするし。いや、こっちのサワダはこんなもんなのかもしれないけど、よく知ってるわけじゃないけど、だけど。
  なんだかよくわからなくなってきた。似すぎてて、オレの知ってる沢田と間違ってしまいそうになる。混同しないようにしてるけど。

「夜、いつもここにいるのか?」

 何を話していいかわからなくて、どうしていいかもわからなくて、広場のベンチに座る彼と2mくらい距離をとったまま、オレは立ち尽くしていた。

「そういうわけじゃないけど」
「そんなんで寝てんのか?お前」
「寝てるよ」
「だって、朝から仕事してんじゃんよ、お前ら」
「そうだな」

 ……会話つづかねえし!!!
  やっぱ変だ、絶対おかしい。だって、こっちのサワダと初めて会ったときや、昼間会話してる分にはほとんど違和感を感じなかったのに。

 そうだ。サワダには違和感を感じなかったんだ。
  だから初めて会ったとき、普通に沢田だと思ってた。顔が似てるから、だけじゃない。

「なあ……やっぱり」

 お前、変じゃないか?
  そう言おうとした時、薄闇の広場が、サーチライトで照らされる。沢田の顔色はわからなかったけれど、目が虚ろだったのが気になった。
  サーチライトの正体は、ヘリだった。近くはない。結構上空にいて、音もかすかに聞こえる程度だった。だけど、何のために?
  ヘリは、城の周りを回っているようだった。ぐるぐると旋回を続け、立ち去る気配がない。

「なんだ、あれ?」

 ヘリを指さそうとしたら、サワダに止められた。

「定期巡回だよ。中王の」
「トウキョウからきてんのか?」
「まさか。オワリ国内だよ。N町に基地がある」
「……そんな」
「おとなしくしてたら、何もしないさ。名目上は、ニホン国内に蔓延る魔物を監視する……だからな。オワリにだけ、あるわけじゃない」

 だけど、おかしいだろ。こんなの。

「N町に基地って……。もしかして、お前がN町にいたのって?」
「違う違う。まあ、それも半分目的だけど。学校に行ってるんだよ」
「学校?軍人なのに?あんな剣担いで?」
「週2だけどな。音楽学校に行ってる」
「いつのまに?!てか、なんで黙ってんだよ」

 音楽学校!!なんか、そういう話聞くと、ますます沢田っぽい!まあ、あいつはまだ受験するかどうかで悩んでたから、こっちのサワダのほうがすごい気がするけど。ピアノもうまいし。

「いつの間にって言われても……。普通に通ってたぞ。大体、何でわざわざ言わないといけないんだ」
「でも、カントウ行ったりしてたし」
「業務に支障のない範囲で行ってるよ。……ていうか、まあ、特例みたいなもんだけどな。軍人増やすために、ずいぶん優遇された制度が整ってるし。時間の制限と、業務最優先て言う原則はあるけど、士官学校以外の学校に通うこともできるんだ」

 軍人を増やすため。
  その言葉に、オレはサワダの掘っていた墓を思い出す。

「軍に入らないで、学校だけ行くこともできたんじゃないのか?だって、王族だからって、別に軍に入る必要は……ないと思う」
「まあ、そういうやつもいると思うけど」

 ヘリはまだ、上空を回ってた。サーチライトが時々、オレとサワダを照らす。
  オレだけじゃなく、サワダも不愉快そうな顔でヘリを眺めていた。

「軍に入ってた方が、いいことも悪いこともある。学校だけ行ってても同じだ。オレは両方行く道をとった。それだけだ」

 彼はそれが、誰のためなのか、何のためなのかは言わなかった。

「……おかしいな」
「なにが?」
「見ろ」

 サーチライトがオレ達を照らさなくなっていた。そして彼は、城の屋上を指差す。

「とまってるな。なんかしてんの?あれがおかしいってこと?」
「おかしいだろ。定期巡回するだけだ。城に止まるなんて聞いてない」

 サワダはあたりを見渡したあと、オレに部屋に戻るように告げた。だけど、オレはそれを拒否し、その場から動かなかった。

「戻れ」
「何で。サワダのそばのほうが安全じゃね??」

 いやそうな顔で彼はオレを見ていたが、これは本音なのだから仕方がない。実際、サワダには助けられてきたし。それ以上に、オレの知らないところで何かあるのが嫌なのだけれど。

「アロー。こちらスペード。ダイヤどうぞ?」

 あきらめたのか、納得したのか、サワダはもうオレには何も言わず、マイクつきの小型ヘッドフォンのようなものを取り出し、右耳に当てて話し始めた。

「なんかスパイみたいだな」
「黙ってろ、うるさい。こちらの話。どうぞ」

 オレに突っ込みながら、無線機に向かって話を続けた。

「そう。鳥が屋上に。……了解」」

 ヘッドフォンをちゃんと装着しなおし、勝手口に向かって彼は歩き出した。オレはそれについていった。

「誰?今の。何で携帯使わないんだよ?」
「時と場合による。相手はシンだよ」
「なんでコードネーム?」
「電波傍受されてたら困るだろ?」

 あ、そうか。つーかそれって、携帯はフェイクってことか?普段はそっちを使っておいて、緊急時は無線。近いからって言うのもあるだろうけど。上に中王軍がいるから、余計に。
  勝手口が見えてきたので、サワダから「黙ってろ」と釘を刺されてしまった。でも、イズミのことを思えば、サワダは口が悪いけど、なんだかんだ言ってちゃんと答えてくれる。

「サワダ中佐。今、屋上に……」

 勝手口に立っていた警備の男は、サワダに向かって敬礼をした。彼もまた、屋上に止まったヘリが気になるのか、不安そうな顔だった。

「ああ。君は持ち場を離れるな。外にいるもの以外は、あれを見てないはずだから、口外も無用。追って指示が出るはずだ」

 彼よりもずいぶん年上の警備兵は、緊張した面持ちでオレたちを見送った。


 prev<<<  Switch[The moratorium is selected] list >>>next
 >>>アルファポリスに登録中。
 >>>ネット小説ランキング>「Switch【モラトリアムを選ぶと言うこと」に投票
>>>「小説家になろう」にて連載中。ぜひレビューお願いします。

関連コンテンツ

 >>Switch Charactors(イラストつきキャラ紹介)
Copyright 2006-2009(C) Erina Sakura All rights Reserved
このサイトの著作権は管理人:作倉エリナにあります。禁無断転載・転用