×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料連載小説サイトwing of fragment です。 ファンタジー恋愛群像劇、学園恋愛物、学園恋愛FTをテーマにメルマガ、サイト上にて小説を連載しています。
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved. Please don"t distribute any texts and images from this website without permission

連載,小説,FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯,女性向,ファンタジー恋愛群像劇,学園恋愛物,学園恋愛FT

Switch[モラトリアムを選ぶと言うこと]

Switch[モラトリアムを選ぶと言うこと] 序章 第6話  袖振り合うも多生の縁 01/08


 喚起の声も収まり、軍が帰還の準備を始めていた。
 サワダとイズミもミハマのそばに戻り、事後処理の様子を見守っていた。

「……サワダもイズミもすごい人だったんだ……ですね」
「そう言うこと。アイハラなんか一瞬で壊れちゃうわけよ」
「シン!いい加減にしないか!」

 ミナミさんがイズミの耳を掴んで自分の方へ引き寄せた。イズミは笑いながら「痛い痛い」って叫んでる。はっきり言って気持ち悪い。
 ……しかしバカだなーイズミって。ミナミさんがいるんだから、怒られるの判ってるくせにオレのこといじめるんだから。
 もしかしたら構われたくてやってるのかもしれないけど。

「殿下!こちらにいらっしゃいましたか。ご無事でなにより」

 ……誰だっけ。軍服着てると、みんな一緒に見えるんだよな。

 確か、ソノハラ大佐だっけ。ミハマに報告してた人だ。
 ミハマの元へ駆けより、敬礼をした。それに合わせて、ミハマ以外のメンバーが敬礼をする。

「優秀な護衛官がいるんでね。……特殊部隊もそれなりに使えるようだね。まだまだだけど……」
「ですね。まだまだ改善の余地がありますね。どうですか、あなた方から見て」

 笑顔で特殊部隊の働きを切り捨てたミハマに、同じように攻撃をするシュウジさん。実際、サワダとイズミがほとんどやっつけてしまったわけだから、仕方ないかもしれないけど……。
 さらに、サワダ達にまで攻撃させようってか?この人のこと。

「さあ。私からは何とも。殿下のおっしゃる通りかと」

 サワダの言葉に、イズミが頷いた。
 ……気持ち悪いんですけど。
 
 あからさまに攻撃されて、へこんじゃってるよ、この人。大佐ってことは、少なくともサワダ達よりは偉いはずなのに。

「そろそろ、陛下がお戻りになるころだろう?その報告だろ?」
「……はい。王子が前線に出ておられると報告いたしましたら、危険ですからお下がりになるようにと」
「……わかった。報告も兼ねて、城に戻るよ」

 そう言ったミハマは、笑顔だった。
 王子とその護衛部隊の手に入れたこの大勝利は、誰に顕示するためのモノか。

「アイハラ、なに怖い顔してるの?城に戻らないといけないから、君も一緒に……」

 怖い顔にもなるよ。なんで、同じ国なのに、同じ敵を見てるのに、戦わないといけないのに、こんなことに?
 敵も味方もどこにいて、何をしてるか判らない。
 そうは言っても、この状態は、どうしたって馴染めない。

 あの広場でピアノを弾き、歌う、彼女の方がずっと近くに感じる。

 ……そう言えば、ティアスは?!さっきあの場所にいたのはティアスなのに。

「アイハラ!なにぼーっとしてんだ!ミハマが呼んでるだろうが、行くぞ!」
「痛いって、サワダ!ひっぱんなよ、もう!」

 オレの肩を掴み、力任せに車に押し込めようとするサワダ。
 サワダに聞いてみようかと思ったけど、魔物と戦ってたんだから見てるはずがないか。

 仕方なく言う通りにして、シュウジさん達と一緒に車に乗り込む。
 ソノハラ大佐が事後処理の指揮のため、離れていくのを見送り、港を離れた。ミナミさんとイツキ中尉が2人で同じ車に乗ったのは見たけど、イズミはいつの間にかいなくなっていた。

「……ミハマ、港に軍の人以外に……誰かいなかった?」
「港に?退去命令が出てるはずだから、軍人以外はいないはずだけど……見た?」

 運転手のカトウさんも、シュウジさんも見ていないと答えた。

「いたよ。オレ、見た」
「……お前、すげえ遠くで戦ってたじゃん!どんな視力だよ!」

 工場地帯から一番遠くにいたはずのサワダが、見たという。……そんなばかな。

「セリ少佐だったよ。もう一人いたみたいだけど、わからなかった」
「顔、見えたの?すごくない?自然と戯れて生きてきたりした?」
「……なんじゃそりゃ。別に、顔が見えたわけじゃない。人影が確認できたんだけど、すごく独特の動きをしてたから。多分ね」
「確証はないってこと?」

 サワダは黙って頷いた。でもその後、人の悪い笑みを浮かべて続けた。

「シンにも確認したよ。あいつも見てたって。顔は見えなかったけど、あの動きはセリ少佐だって。なにしに来たんだろうね、こんな所に軍服も着ないで、楽師の犬がさ」

 また、嫌な言い方するなあ。

「……なんだよアイハラ、黙って表情で訴えるのやめろよ。不満があるなら言え」
「嫌な言い方するな、って思ってさ。楽師のこと嫌いなの?好きなの?はっきりしろよもう。あんなに彼女はお前のこと……」

 そこまで言って、ミハマの顔がちょっと怖いことに気付いて、言うのをやめた。

「どっちでもないって」

 むっとした顔で返す。それはいくらなんでもないんじゃないのか?

「……そういうんじゃ、計れない。この言い方で、満足?」

 悪戯っぽく笑った。
 余裕のあるサワダに安心もしたけど、意味深な台詞がオレを不安にもさせた。
 prev<<<  Switch[The moratorium is selected] list  >>>next
 >>>アルファポリスに登録中。
 >>>ネット小説ランキング>「Switch【モラトリアムを選ぶと言うこと」に投票
 >>>「小説家になろう」にて連載中。ぜひレビューお願いします。

関連コンテンツ

 >>Switch Charactors(イラストつきキャラ紹介)
Copyright 2006-2009(C) Erina Sakura All rights Reserved
このサイトの著作権は管理人:作倉エリナにあります。禁無断転載・転用