×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料連載小説サイトwing of fragment です。 ファンタジー恋愛群像劇、学園恋愛物、学園恋愛FTをテーマにメルマガ、サイト上にて小説を連載しています。
Copyright (C) Erina Sakura All rights Reserved. Please don"t distribute any texts and images from this website without permission

連載,小説,FT恋愛,FT学園,BL,学園恋愛,携帯,女性向,ファンタジー恋愛群像劇,学園恋愛物,学園恋愛FT

Switch[モラトリアムを選ぶと言うこと]

Switch[モラトリアムを選ぶと言うこと] 序章 第0話


 地球から来た男。
 昔、読んだ小説。酷く印象的にオレの頭に残っていた、あの話。
 オレの大好きなあの作家。
 「ここ」は絶対、確実にそんな世界。
 じゃなきゃおかしい!

 そう思ってしまえる柔軟すぎるオレの頭がちょっと憎い。

 だって、意識を失ってて、はっと気が付いたら、いつもの行きつけのスタバ。
 いつも陣取る店外喫煙所。隣には同じクラスのそれなりに仲よしこよしのお友達。
 いつもみたいに何処に行こうか騒いでたはず。
 でも隣にいたヤツはどうも違うらしい…。

「誰よ、お前?てか、何でいきなりオレの隣に座るわけ?」
「てか何言っちゃってんの?沢田……」

 どうもマズイコト言ったらしい。目の前にいる、クラスメートのはずの男の纏う空気がかわった。

「なんでお前、オレの名前……?」

 と言った所で、沢田(らしき人物)はしばし考えこんだ。
 どうみても沢田だよな…。
 黒髪黒目の嫌味なくらいの美形で、何とかっていうタレントに似てるとかで(オレより背が低いくせに)やたらモテて…。

「まあ……顔しってるヤツがいてもおかしくないか」

 なにそれ。
 有名人てこと?沢田のくせにナマイキな。ちょっとモテるからって。

「しかし図々しい、いきなり呼び捨てか」

 そう言われてもどうみたって沢田だし…。

「お前、名前なんつーの?アイハラユウトっていうヤツ知らない?」

 オレの名前だっ、それは~!!


 ってウッカリ叫んでしまいそうな所を抑えて…。
 だって、この人、よく見たら危ないよ!沢田みたい(つーかそのもの)だから油断してたけど、こ…コスプレイヤーか?
 フツーの学ラン、フツーの髪型、いつもの騒がしいスタバ。
 なのに、その剣!
 何、背中にしょっちゃってんの?!おかしいだろ?

 ……落ち着いて辺りを見渡すと、沢田の他にも武器らしき物を携帯してる人は何人かいた。
 なんか……物騒な感じ。
 コスプレのがまだマシかもしれない。だとしたらドッキリとか…(誰が何のためにだよ)

「き…奇遇だよな、オレもアイハラユウトっていうんだ。漢字は、勇気の勇に漢数字の十で…」

 沢田はなぜか不思議そうな顔でオレを見ていた。

「何かオレの顔についてる?」
「いや、何を怖がってるか知らんが、意味語まで教えなくていい。とりあえず敵意がないのはわかったから」
「意味語……?何?漢字の事を言ってる?」
「…知らない?嘘だろ…どっから来たんだよ?てか、いきなり隣にいたしな」

 敵意がないのがわかったなら、もうちょっと柔らかい態度をしろよ。
 でも、あのしょっちゃってるデカイ剣(たぶん沢田よりデカイ)でさっくり斬られてもやだしな…。

「あー、もうなんかオレじゃ判断できねえや。めんどくさい、はっきりしろよ」
「な…なにを?」

 嫌な感じじゃない?

「うちの親衛隊にいた男と同じ名前、同じ姿。それだけでも怪しいのに、わざわざこのオレに近づいた……」
 うわ…ありえない!
 何、この重圧。なんか…目の前にいるのは沢田の姿をしてるのに、まるで巨大な獣の前にいるみたいだ……。

「何者だ?」
「オレが…知りたいよ。オレは何も判らない。沢田……さんの知り合いのユウトはどうなったんだよ?」
「死んだよ。こないだの内乱で」

「な……内乱……」

 めちゃくちゃ物騒な言葉を聞いた気がする…。
 戦争してるから、こんな…。
 地球から来た男、なんてカッコイイこと言ったけど、なんでこんなことに…。
 どうしてオレはこんなところに?
 思いだせ、沢田の隣で気がつく前にどうしてたのか!

 ……。
 ヤバイ、全然……思い出せない。記憶とんじゃってるよ。

「思い出せない。どうしても……。それに怖い」
「怖い?」
「アイハラユウトが死んでるっていうことが。何かオレが死んだみたいだ」
「お前は生きてるだろうが」

 オレの言葉に沢田は呆れたようにため息をついた。
 オレ達の間に流れていた、オレを押し潰していた重い空気が少しだけ軽くなった。

「オレが墓を掘った」

 唐突に沢田はそう言った。

「……オレじゃ判断できない」

 沢田が何を言おうとしてるのか、わからなかった。

「怪しきは罰せよっていわれてるし……シンに」
「真?!泉真のこと!?」

 しまった……。沢田の顔色が明らかに変わった。地雷ふんじゃったか?

「シンのことは、なんで知ってんの?ホントに何処からきた?」

 彼の纏う空気が、再びオレを押し潰す。
 内乱、戦死、武器らしき物の携帯。
 あまりにかけ離れた世界の言葉が、目の前でオレの友人の姿をとって迫ってくる。

「待てよ。オレ、ホントに何も判らない……。沢田も泉もオレの友達で……、ここにいるのは偶然っていうか、オレだって判らなくて……」

 どうしよう。どうしたらいい?
 今、オレが何処にいて、どうしてここにいるかは全部おいといても、この状況はヤバいよ。
 だってどう考えても目の前にいるヤツは、オレの知ってる沢田じゃない。
 オレの知ってる沢田は、ピアノばっか弾いてて、こんな血生臭い感じはしなかった。
 戦争なんか、違う国の話だったから、当たり前だけど。
 ああ、ドッキリだと思いたい……。

「……お前が嘘ついてるようには正直見えないけど、シンのことまで知ってるとなると……。
 ……なんだ?どうした?」
「今……何時?」
「何時って……。何だよこんなときに。…そういや白夜だから、ウッカリしてたな。もう8時近い」

 沢田は腕時計と携帯を交互に見ながらそう言った。
 しかし、白夜って……??

「ここ、日本だろ?愛知県だろ?」
「アイチケンてなんだよ。ニホンはニホンだけど。外から来たみたいなこと言うなよ」
「だって、白夜て、こんな北半球の真ん中でありえないだろ!北欧でもあるまいし」
「知るかよ。現にそうなんだから、仕方ないだろ?あーもう、早く戻らないとミハマに怒られる。めんどくさいから、お前も一緒にこい。アイツに判断を任せる!」

 その瞬間、オレははっきりと理解した…というかさせられた。ずっと疑いながら、ドッキリであることを祈りながら、過ごしていた。
 でも、自然までは変えられない。
 ちょっとした違和感、くらいで済んでいたのが、あまりにもスケールのデカイ話になってしまった。

 ありえない。こんな超常現象。

 さぁっ……と目の前が暗くなったかと思ったら、身体中の力が抜け、その場に倒れこんでいくのが判る。
 多分、一瞬の出来事のはずなのに、その感覚はいやにスローだった。
 隣にいたはずの沢田の声が随分遠くに聞こえる。
 また、目が覚めたら、オレの知らない所に、似て非なる世界にいるのかな……。
 妙に冷静にそんなことを考えながら、意識が遠くに行くのを感じた。
 prev<<<  Switch[The moratorium is selected] list  >>>next
 >>>アルファポリスに登録中。
 >>>ネット小説ランキング>「Switch【モラトリアムを選ぶと言うこと」に投票
 >>>「小説家になろう」にて連載中。ぜひレビューお願いします。

関連コンテンツ

 >>Switch Charactors(イラストつきキャラ紹介)
Copyright 2006-2009(C) Erina Sakura All rights Reserved
このサイトの著作権は管理人:作倉エリナにあります。禁無断転載・転用